ブランド買取とは

皆さんはブランド品の買取という業種をご存知でしょうか。

ブランド品といっても中古品の取引を行う業者ですからリサイクル業となります。

総合リサイクルショップでもブランド品の取り扱いは行われていますが、ブランド品の取り扱いに特化した専門のリサイクルショップという位置付けの業者になります。

最近ではTVでも取り上げられる様になってきましたので、皆さんも存在くらいはご存知かと思われます。

一般的に質屋付きのブランドショップと混同されがちですが、同じブランドショップでも若干業態が違います。

質屋は昔からのイメージ通りで、勿論物品を預かってその価値に見合った金額を『貸す』という業種で、所有権はあくまでも客側にあり、利息を支払えなくなった品物は所有権が移り、質屋付きのリサイクルショップで販売に回されます。

ブランド買取専門の業者であれば、「預かる」と行為は無く、客側が完全に『売却』してしまうので、所有権はその場でブランド買取店に移ります。

質屋の場合ですと、その時の流通相場で質預かりを行いますが、所有権がいつ移るかは不明瞭なので、相場のギリギリでの預かりは損をしてしまうリスクもありますので、基本的に行いません。

したがって買取に持って行った時の金額よりも質預かりの場合は少し安めの金額となります。

勿論質屋でも買取のみという扱いもありますし、所有権の問題もありますので、今後使う可能性が若干でも残っているならば質預かりか買取かを、その場で聞いてみて最良の選択をされる方が賢明です。

ブランド買取ショップの場合は買取った後すぐに販売に回せますので、直近の相場通りでの買取金額の算出が可能となり、若干ですがそのまま売却してしまう方がお得です。

何にしても、1つ所で決めてしまう前に、色々な店舗に聞いてみる事をお勧めします。